ワードプレス WordPress 初心者 始め方 使い方

WordPress

【初心者向け】WordPress(ワードプレス)を使用したブログの始め方【SEO対策もセットで解説】

2020年1月11日

ブログを始めたい人
WordPress(ワードプレス)でブログを始めたいけど何から手をつけていいのか分からない。

サーバーやドメインなど、何を使えばいいのか全くわからない。

ワードプレスの初期設定の仕方が全く分からない。


このような方に向けた記事になります。



はじめに。この記事は非常に長いですが、必ずこの記事を読み終えた後は、WordPressを使用したサイトの立ち上げが出来ます。



これまで数人の方のWordPressでのブログ立ち上げをサポートさせて頂きましたが、この記事に沿って立ち上げられた方で挫折した方は0人でした。



この記事ではワードプレスを使ってブログを始めたい方に向けて、知識が0の初心者の方でも分かるように丁寧に解説させていただきます。



この記事を読むことで、必ずワードプレスでブログの初期設定ができる様になります。


 この記事を読んでブログを立ち上げて下さった方のうちの4名の方をご紹介します。



 

 

 


 この記事の特徴

  • 途中つまずいた場合に、無料でサポートさせて頂きます。
  • 写真をふんだんに用いて解説しており、挫折することはありません。
  • この記事を読むだけて、SEOを考慮したブログの開設が出来ます。
  • ご相談はお問い合わせフォームよりお願いします。

ブログ 開設までにかかる時間は約1時間程度。不明な箇所があればDMでご質問ok。


序文はこれくらいにして、早速ブログ開設に取り掛かりましょう。

WordPress(ワードプレス)を使用したブログの始め方

ワードプレス WordPress 初心者 始め方 使い方


まずはワードプレスを使用したブログ開設までの全体のイメージ像を掴みましょう。


ワードプレスを利用してブログを開設する方法は流れが決まっています。以下の手順に従っていけばサクッと作ることができます。


おおよそ1時間後には皆さんのブログが開設されているはずです。その流れについて見ていきましょう。


ここで、ドメインやサーバー、ワードプレス という言葉が出てきます。各々は大体以下の様なイメージです。

 

 ブログ全体のイメージ像

WordPressでブログ(サイト)を立ち上げるまでの大まかな流れは以下の通りです。

WordPressでブログを始める流れの図。ドメインの契約(住所を決める)、サーバーの契約(土地を購入)、サーバーにドメインを設定(登記を行う)、WordPressをインストール(家を建てる)、初期設定を行う(家具・家財を購入する)という流れに沿ってWordPressでブログを立ち上げるまでを説明した図。

WordPressでブログを立ち上げるまでの流れ


この図に沿って、ブログ開設までの流れを整理してみましょう。

ブログ開設のイメージ

  • ドメインの契約:住所を決める
  • サーバーの契約:土地を購入
  • サーバーにドメインを設定:登記を行う
  • WordPressをインストール:家を建てる
  • 初期設定を行う:家具・家財を購入する


ブログを開設するという事は、どの住所(ドメイン)にするか決定し、土地(サーバー)を購入し、自分の家(ワードプレスで作ったブログ)を建てて家具・家財(https化、プラグイン導入などの初期設定)を揃えていく


この様なイメージです。この図をイメージすれは非常に簡単です。



早速、順を追ってみていきましょう。

STEP1|ドメインの取得

ワードプレス WordPress 初心者 始め方 使い方


まず行うのはドメインの契約です。早速図で確認しましょう。(赤丸で囲んだ1番から始めます)

WordPressでブログを始める流れの図。ドメインの契約(住所を決める)、サーバーの契約(土地を購入)、サーバーにドメインを設定(登記を行う)、WordPressをインストール(家を建てる)、初期設定を行う(家具・家財を購入する)という流れに沿ってWordPressでブログを立ち上げるまでを説明した図。ドメイン契約に赤丸の印を付けている。

①ドメインの契約=住所を決める


ドメインとはいわゆるweb上の「住所」のことです。先に住んでいる人がいればその住所に住むことが出来ません。


要するにドメインを獲得することが出来ません。つまり早いもの順です。


ドメインは「お名前.com」で取得しましょう。


※ 以下で説明するエックスサーバー や他のレンタルサーバーでもドメインを取得することが出来ますが、お名前.com が無難です。


またドメインを取得する際に、独自ドメインやサブドメインなど気になる方は、独自ドメインを取得するメリット【SEO対策と併せて解説】を参考にどうぞ。
※ なお、これから取得するドメインは独自ドメインとなります。

ドメイン名取得までの流れについて


ドメイン名登録までの流れは至ってシンプルです。手順は以下です。

ドメイン取得の手順

  1. ドメインを取得する
  2. ドメインを購入する
  3. お名前.comのメールの確認を行う
各々について見ていきましょう。

ドメインを取得する


ドメインはお名前.comで取得しましょう。


お名前.com を取得する



お名前.comのトップ画面を表示している。

上記画面の黄緑色で囲んだ箇所に自身が希望するドメイン、すなわち「サイトのURL」を記入します。


記入が終わったら、横にある「検索」ボタンをクリックしましょう。すると以下の様な画面が出てきます。


お名前.comのドメインチェック画面を表示している。

上の画面の黄緑色で囲んだ箇所が利用が可能なドメインです。


※ この画面では、 .com は既に他の人に使用されているということを意味します。また「ご希望のドメイン」の欄に値段が書いていますが、値段が高ければ高いほど良いというわけではないのです。

ちなみに「取得値段は一年間に支払う金額」です。

 ドメインについて 

ポイント

住所にも色々ある様に、ドメインにはいろいろな種類があります。
例えば [.org] や [.com] [.net] [.co.jp] などがそうです。


僕の場合には [.com] を使用しました。
(このサイトのドメインは obgynai.com です。)
理由としては無難ですし、 .com だと他のものよりもドメインパワーが強い(場合がある)からです。
ドメインパワーとは「webサイトの強さの指標」のことです。出来る事なら良い住所に住むに越したことはないので、[.com]は無難な選択肢です。


※ ドメインについてもっと深く知りたい方は独自ドメインを取得するメリット【SEO対策と合わせて解説】の記事を参考にどうぞ。



※ 余談:note について
最近だと note.mu もドメインパワーを上げるために note.com に変更しました。悩むのであれば 無難に[.com]にしておきましょう。



ドメイン名を決定したら、「料金確認へ進む」をクリックして次に進みましょう。


お名前.comのドメインチェック画面を表示している。「料金確認へ進む」をクリックするところ。

さて、ここまででご自身の「ドメイン」すなわちweb上の「住所」が決まりました。次にドメイン購入画面に移りましょう。

ドメインを購入する


「ドメイン取得画面」において「料金確認へ進む」をクリックすると次の画面が出てきます。


ワードプレス(WordPress)初心者のための始め方・使い方。お名前.comのお申し込み内容の確認画面。
そうすると上の図が出てきます。ここで注意点です。

ドメインを購入する際の注意点

  •  契約年数は1年ないしは2年でOKです。
  • 「Whois情報公開代行メール転送オプション」は必要ありません。
  • 「ドメインプロテクション」は必要ありません。
  • 「SSL証明書」は必要ありません。
  •   メールアドレス入力する際には新しいアドレスを入力するのがオススメです。
    (今後メールが大量に届きますので、通常使用しているメールアドレスだと大変です。)


ここまで設定できれば、「次へ」をクリックしましょう。次に「個人情報」を入力していきます。


お名前.comの個人情報を記入する画面。

個人情報を記入できれば、「次へ進む」をクリックしましょう。次に支払い方法の記入に移ります。


※ 支払い方法に関してはクレジットカードの情報を記入するだけですので割愛します。クレジットカードの情報の記入が終われば、右上に出てくる「申込む」をクリックしましょう。

注意ポイント

お名前.comのサーバー申込みのバナーが出てきますが、クリックしないでください。
サーバーは次に紹介するエックスサーバーでokです。


カード情報の記入が終わり、「申し込み」が完了すると次の画面が出てきます。


お名前.comの「お申し込みを受け付けました」の画面。

お名前.comのメールを確認する


ドメインの購入が終了したらメールを確認してください。そうすると、次の様なメールが届いて来ます。


お名前.comから届いたメール。内容は「ドメイン情報確認のお願い」

一番下にある「vertification-noreply@ona.」から送信された「【重要】[お名前.com]ドメイン情報認証の願い」というメールを開封して下さい。


お名前.comから来た「【重要】[お名前.com] ドメイン 情報認証のお願い」のメールの内容。

開封すると以下の様な「メールアドレスの有効性認証フォーム」の画面が表示されます。


お名前.comのドメイン 情報認証の確認画面。

これでメールアドレスの有効性が確認されました。ドメイン名は取得は完了です。

STEP2|サーバー契約(レンタル)

ワードプレス WordPress 初心者 始め方 使い方



次にサーバーの契約についてです。現時点で行う作業を図で改めて確認しましょう。赤丸が付いている2番が現時点ですね。

WordPressでブログを始める流れの図。ドメインの契約(住所を決める)、サーバーの契約(土地を購入)、サーバーにドメインを設定(登記を行う)、WordPressをインストール(家を建てる)、初期設定を行う(家具・家財を購入する)という流れに沿ってWordPressでブログを立ち上げるまでを説明した図。サーバー契約に赤丸の印を付けている。

② サーバーの契約=土地を購入する


サーバーというのは web上の自分が住む「土地」の様なものです。


どの土地に住むかは個人の自由ですが、住み心地の良いオススメの土地もありますね。特に大手のサーバーは以下のものがあります。

サーバーには他にもいろいろありますが、この3つがメインです。(他のサーバは使用者が少なかったり、サーバー環境や価格が安定しないこともあり初心者にはこの3つをお勧めしています。)


さらにこの3つの中でも特にオススメなのがエックスサーバーです。理由は以下です。

ポイント

  • 色々プランはあるが全てのプランで環境設定・価格が安定しており無難。
  • 使用している方が多いので、困ったときに解説の為になる記事が多い。
  • 無料独自SSLが使用可能。

僕の場合は「さくらインターネットのスタンダードプラン」から始めましたが、上記の理由でエックスサーバーに変更しました(※ 2019年10月頃)。


初心者にはエックスサーバー が非常に向いているといえます。僕は(×10のプランを使用しています。初心者にはこのプランがおすすめ。)


それでは、エックスサーバーを利用すると仮定して設定の仕方について開設していきたいと思います。

※ 追記(2020/01/11現在)
現在エックスサーバーがキャンペン中で無料でドメインをプレゼント中です(期間: 2020/4/30まで)料金がやすい間に早めの契約をどうぞ。

エックスサーバー の設定の流れ

エックスサーバーの設定の流れは次の様になっています。

エックスサーバー設定の手順

  1. エックスサーバーを申し込む
  2. エックスサーバーへ支払を行う
  3. エックスサーバーと契約を行う

それでは各々について見ていきましょう。

 

エックスサーバーを申し込む。

エックスサーバーにアクセスを行い申し込みを行いましょう。

エックスサーバーのトップページにアクセス


エックスサーバーにアクセスを行うと以下の様な画面が出てきます。


エックスサーバー のトップページのお申し込み画面。お申し込みフォームをクリックする箇所。

「お申し込み」→「サーバーお申し込みフォーム」をクリックしましょう。


すると次の様な画面が出てきます。(2020/01/11時点ではキャンペーン中のため、「XserverアカウントIDのお持ちのお客様」の横に「10日間無料キャンペーン」と表示されています。)

エックスサーバー(Xserver)の新規お申し込みをする画面。
左側の「始めてご利用のお客様」の「10日間無料お試し 新規お申し込み」またはキャンペーン期間外の時には「新規お申し込み」と表示されますので、そこをクリックしてください。


すると「契約内容」と「登録情報」の画面が出てきます。


以下が入力画面ですが、契約内容はサーバーID(初期ドメイン)は好きな半角英数字を入力すればokです。


初心者であれば ×10 のプランでokです。次に「登録情報」に個人情報を記入してください。


エックスサーバー(Xserver)のお客様情報入力のうち、登録情報の画面。

登録情報を全て記入したら、「利用規約に同意する」にチェックを入れ「お申し込み内容の確認へ進む」をクリックし「入力内容確認の画面」に進みましょう。


エックスサーバー(Xserver)のお客様情報入力のうち、入力内容確認の画面。
この画面の「入力内容確認」の画面で修正がなければ「お申し込み」をクリックしてください。すると「SMS・電話認証する」という記載が確認画面の一番下に出てきます。


エックスサーバー(Xserver)のお客様情報入力のうち、確認画面の「SMS・電話認証する」という箇所。

「SMS・電話認証する」をクリックすると次の画面が出て来るので、届いた5桁の数値を入力しましょう。


エックスサーバー(Xserver)のお客様情報入力のうち、確認画面の「SMS・電話認証」の5桁の数値を入力する画面。

5桁の数値を入力すると上の画面の「認証して申し込みを完了する」をクリックすると下の画面に切り替わり、申し込みが完了します。




「お申し込み完了」の画面を確認したら、メールを確認しましょう。以下の様なメールが届いているはずです。


エックスサーバー(Xserver)のsupportから届いた「サーバーアカウント設定完了のお知らせ」のメール

support からメールの内容として「【X server】■重要■ サーバーアカウント設定完了のお知らせ[試用期間]」というメールが届いていますので、開いてみましょう。


すると以下の様な内容が記載されています。

エックスサーバー(Xserver)のsupportから届いた「サーバーアカウント設定完了のお知らせ」のメールの内容。「Xserverアカウント」ログイン情報。
このメールの「管理ツールのログイン情報」として記載されている「Xserverアカウント」ログイン情報のうち、「XserverアカウントID」と「Xserverアカウントパスワード」は後程使用しますので、控えておく様にしましょう。


これまでで、サーバーの申し込みが完了しました。しかしこの時点ではまだ「仮契約」の状態です。次に料金を支払い、正式な「契約」を行いましょう。

 

エックスサーバーへの支払い形式を決定し、正式な契約を行う。

この時点ではまだ、仮契約の状態ですので、Xserverアカウント(旧インフォパネル)にログインを行い、料金の支払いの設定を行います。

Xserverアカウントにログインする


エックスサーバーアカウントにログインすると次の画面が出てきます。


「Xserverアカウント」(旧インフォパネル)ログイン画面。

先ほど控えた、「Xserverアカウント」ログイン情報のうち、XserverアカウントID と Xserverアカウントパスワードを記入しましょう。


「Xserverアカウント」(旧インフォパネル)全体画面。料金の支払い/請求書発行を指している。

Xserverのアカウント画面が表示されました。このうち左下にある「料金のお支払い/請求書発行」をクリックしてください。


そうすると次の「お支払い伝票の発行」の画面が出てきます。


「Xserverアカウント」(旧インフォパネル) 。「お支払い伝票の発行」の画面。

この画面のうち、左にあるチェックボックスにチェックを付けて、更新期間を「1年」に変更しておきましょう。


(※ 1年はブログを続けるものと仮定しています。)最後に「更新期間」の右にある「お支払い方法を選択する」をクリックしましょう。


「Xserverアカウント」(旧インフォパネル) 。お支払い方法の画面。

支払い方法には「クレジットカード」「銀行振込」「コンビニ払」などがあります。(僕はクレジットカードを選択しました。)


必要事項を入力して完了してください。


これで「仮契約」の状態から正式な「契約」の状態になりサーバーの作業は完了しました。

注意ポイント

サーバーの支払いが終了していないと、仮契約のままです。
ここですぐにサーバーの初期費用+月額費用の支払いを終了しておかないと、全てオジャンになるので必ず支払いもセットで終了しておきましょう。

STEP3|ドメインとサーバーのドッキング

ワードプレス WordPress 初心者 始め方 使い方


どこの土地に住むか(サーバーをどれにするか)、どこの住所に住むか(ドメインをどの様にするか)を決めたら、次はサーバーとドメインのドッキング=紐付けを行う必要があります。


全体の流れから現時点の状況を把握しましょう。もう折り返し地点に来ていますね。

WordPressでブログを始める流れの図。ドメインの契約(住所を決める)、サーバーの契約(土地を購入)、サーバーにドメインを設定(登記を行う)、WordPressをインストール(家を建てる)、初期設定を行う(家具・家財を購入する)という流れに沿ってWordPressでブログを立ち上げるまでを説明した図。サーバーにドメインを設定する箇所に赤丸の印を付けている。

② サーバーにドメインを設定する=登記を行う


サーバーにドメインを設定する手順は以下2つです。

サーバーとドメインの紐付の手順

  1. お名前.comの(ネームサーバーの)設定
  2. エックスサーバーにドメインを登録

では各々について見ていきましょう。

お名前.comのサーバー設定を行う。

まずは、お名前.com Navi にログインしましょう。下のボタンからログイン出来ます。

お名前.com Naviにログイン


ログインするとこの様な画面が出てきます。


お名前.con Navi のログイン画面。

※ 他のサイトではお名前.com Naviの画面が少し古いものとなっていますが、これは2020/01/12時点の画面になります。おそらく一番最新の画面かと思います。

ログインすると下図の様に、「ドメイン設定」にカーソルを合わせて下さい。


お名前.con Navi のログイン後の画面。ドメイン設定にカーソルを合わせている。

ドメイン設定の画面の下の方にスクロールしていくと下図の様に「ネームサーバーの設定」という項目があります。


お名前.con Navi のログイン後の画面。ドメイン設定のうち、ネームサーバー設定のネームサーバーの変更にカーソルを合わせている。

このうち、赤枠で囲っている様に「ネームサーバーの変更」をクリックしてください。そうすると以下の画面が出てきます。


お名前.con Navi のログイン後の画面。ドメイン設定のうち、ネームサーバー設定のネームサーバーの変更の画面。

自分のドメイン名を確認して、そのドメイン名の横のチェックボックスにチェックを入れます。


そうすると以下の画面の様に「お名前.com各サービスを利用」「他のネームサーバーを利用」という画面が出てきますので、「他のネームサーバーを利用」を選択してください。


お名前.con Navi のログイン後の画面。ドメイン設定のうち、ネームサーバー設定のネームサーバーの変更の画面。「他のネームサーバーを利用」を選択している。
上の画面が出てきたら、「ネームサーバー情報を入力」の箇所の「プライマリーネームサーバー」「セカンダリーネームサーバー3, 4, 5 に各々上の画面の通りに入力していきましょう。下をコピペして貼り付けでokです。

入力するネームサーバー情報

  • ns1.xserver.jp
  • ns2.xserver.jp
  • ns3.xserver.jp
  • ns4.xserver.jp
  • ns5.xserver.jp

このネームサーバー一覧は以下の画面の様に、「【Xserver】■重要■サーバーアカウント設定完了のお知らせ」というメールに記載されています。


【Xserver】■重要■サーバーアカウント設定完了のお知らせというメール。
「【Xserver】■重要■サーバーアカウント設定完了のお知らせ」を開くと以下の様に記載されています。

【Xserver】■重要■サーバーアカウント設定完了のお知らせというメールの内容。


入力が終了すると、内容確認の画面が出てきますので右下のOKのボタンをクリックすれば完了です。


これで、
お名前.comのネームサーバーの設定が完了しました。

エックスサーバーにドメインを登録する。

お名前.comのネームサーバーの設定が完了したところで、エックスサーバー のサーバーパネルにアクセスして、エックスサーバーにドメイン設定を行いましょう。

Xserverのサーバーパネルにアクセス

 

エックスサーバー のサーバーパネルのログイン画面。

上図の様にログイン画面が出てきますので、サーバーIDトサーバーパネルパスワードを入力してサーバーパネルにログインしましょう。

注意ポイント

サーバーIDとサーバーパネルパスワードも、「【Xserver】■重要■サーバーアカウント設定完了のお知らせ」というメールに記載されています。

 

 アカウント情報とサーバーパネルログイン情報の違い

ポイント

エックスサーバー には

  • Xserver サーバーパネルログイン情報
  • Xserver サーバーアカウント情報

この2つがあり、良く混乱する箇所でもあるため注意が必要です。

これらの情報はメールの「【Xserver】■重要■サーバーアカウント設定完了のお知らせ」に記載されています。

メールの内容は以下の様になっています。

※ 下のスクショのうち、上がサーバーアカウント情報、下がサーバーパネルログイン情報

エックスサーバー(Xserver)のsupportから届いた「サーバーアカウント設定完了のお知らせ」のメールの内容。「Xserverアカウント」ログイン情報。
エックスサーバー(Xserver)のsupportから届いた「サーバーアカウント設定完了のお知らせ」のメールの内容。「Xserver サーバーパネルログイン情報」


サーバーパネルにログインしたら、下の画面右上にある「ドメイン設定」をクリックしましょう。


ワードプレス(WordPress)初心者のための始め方・使い方。Xserver サーバーパネルログイン画面

「ドメイン設定」をクリックすると以下の画面が出てきます。


Xserver サーバーパネルのドメイン設定画面。

上図の「ドメイン設定追加」をクリックします。


Xserver サーバーパネルのドメイン設定画面。ドメイン入力画面。
「ドメイン名」の欄にお名前.comで取得したドメインを入力してください。また、以下のチェックボックスに ✔︎ を入れましょう。

✔︎ を入力する必要のある箇所

  • 無料独自SSLを利用する
  • 高速化・アクセス数拡張機能「Xアクセラレータ」を有効にする

終了したら、「確認画面へ進む」に進みましょう。すると以下の確認画面が出てきます。

Xserver サーバーパネルのドメイン設定後の確認画面。
この様なドメイン設定の確認画面が出てきたら、右下の「追加する」をクリックして下さい。これで、ドメインとサーバーのドッキングは終了です。

独自SSL設定を行う。

それでは続いて独自SSL設定を行っていきましょう。

ブログを始めたい人
独自SSLって何?


SSL(Secure Socket Layer)
とはweb上で情報を暗号化して送受信できる様にするためのプロトコルのことです。


すなわち、独自SSL化する事でサイト情報が安全にやり取りする事ができます。


早速、独自SSL化を設定しましょう。まずエックスサーバーのサーバーパネルにアクセスします。

Xserverのサーバーパネルにアクセス


サーバーパネルの全体画面のうち、以下の赤枠で囲んでいる「SSL設定」をクリックします。

エックスサーバー(Xserver)のサーバーパネルの全体画面。SSL設定をクリックするところ。
SSL設定をクリックすると以下の画面が出てきます。

エックスサーバー(Xserver)のサーバーパネルのSSL設定画面。
この画面のうち、赤枠で囲んでいる「独自SSL設定画面」をクリックして下さい。既に独自SSL設定が施行済の場合には以下の画面が出てきます。

エックスサーバー(Xserver)のサーバーパネルのSSL設定画面。独自SSL設定が施行済みの画面。
もし独自SSL設定がまだ行われていない場合には以下の画面が出てきます。

エックスサーバー(Xserver)のサーバーパネルのSSL設定画面。独自SSL設定が未施行の画面。
サイトと表示されている欄の赤枠の箇所に、独自SSL設定を行いたいドメインを選択して、「確認画面に進む」を選択すればokです。

STEP4|WordPress(ワードプレス)をインストールする

ワードプレス WordPress 初心者 始め方 使い方


自分が住む土地(サーバー)と住所(ドメイン)が決まったら、次は家(WordPressをインストール)を建てましょう。


もう折り返し地点も過ぎてあと少しです。現時点の状況を全体像からみてみましょう。

WordPressでブログを始める流れの図。ドメインの契約(住所を決める)、サーバーの契約(土地を購入)、サーバーにドメインを設定(登記を行う)、WordPressをインストール(家を建てる)、初期設定を行う(家具・家財を購入する)という流れに沿ってWordPressでブログを立ち上げるまでを説明した図。WordPressをインストールする箇所に赤丸の印を付けている。

④ WordPressをインストールする=家を建てる


エックスサーバー  だと非常に簡単に(ポチるだけで)サーバーにWordPress(ワードプレス)をインストールすることが可能です。では早速、WordPressをインストールする手順について見ていきましょう。

WordPressの設定の流れ

早速、WordPressをインストールしていきましょう。ここで再度、エックスサーバー のサーバーパネルにアクセスしましょう。

Xserverのサーバーパネルにアクセス


アクセスすると、以下の様な画面が出てきます。

エックスサーバー(Xserver)のサーバーパネルの全体画面。WordPress簡単インストールをクリックするところ。
ここで「WordPress簡単インストール」を選択しましょう。


そうすると「ドメイン選択画面に切り替わります。」

エックスサーバーのサーバーパネルにあるWordPress簡単インストールの画面。
「WordPressインストール」という箇所がありますので、そこをクリックして下さい。すると必要情報の入力欄が出てきます。

エックスサーバーのサーバーパネルにあるWordPress簡単インストールの設定画面。
以下、入力の際のポイントです。

ポイント

  • サイトURL:そのままでok
  • ブログ名:現時点できめたものでok。後から変更可能。
  • メールアドレス:普段使わない、サイト用のアドレスを設定しておく。
  • キャッシュ自動削除:「onにする」でok。
  • データベース:「自動でデータベースを作成する」でok。入力が

完了したら右下の「確認画面へ進む」をクリックしましょう。


こちらが確認画面です。

エックスサーバーのサーバーパネルにあるWordPress簡単インストールの入力後の確認画面。
この確認画面に記載されている情報は、WordPressの管理画面やログインで必要になってきますので、必ずメモを取っておく様にして下さい。

これでWordPressのインストールは完了しました。これであなたもWordPressのブロガーとしての第一歩です!

メモ

※ XserverにWordpressをインストールした際,場合により1時間ほどの待ち時間がある場合があります。
不安になる方もいらっしゃるかもしれませんが、ここは辛抱です。インストール完了するまで休憩にしましょう。

WordPressの初期設定【SEO対策あり】

ワードプレス WordPress 初心者 始め方 使い方

さて、WordPressのインストールも完了しました。残るは家具・家財を購入=初期設定を行うのみです。全体図を見てみましょう。

WordPressでブログを始める流れの図。ドメインの契約(住所を決める)、サーバーの契約(土地を購入)、サーバーにドメインを設定(登記を行う)、WordPressをインストール(家を建てる)、初期設定を行う(家具・家財を購入する)という流れに沿ってWordPressでブログを立ち上げるまでを説明した図。初期設定を行う箇所に赤丸の印を付けている。

⑤ 初期設定を行う=家具・家財を購入する


初期設定は色々ありますが、大まかに以下のとおりです。

初期設定のながれ

  • パーマリンクの設定
  • http → https化の設定
  • https のリダイレクト設定
  • 更新情報サービスの設定
  • テーマの設定
  • プラグインの導入
  • Google Analytics へ登録
  • Google Search Console へ登録

わりとボリュームがありますが、流れに沿っていただくと直ぐに出来ますので、サクッと終わらせましょう。

パーマリンク設定

まずはパーマリンクを設定しましょう。

ブログを始めたい人
パーマリンクって何?

パーマリンクとは各記事毎に設定したURLのことです。
例えばこのブログでもそうですが、
https://obgynai.com/self-study-python-machine-learning/
というURLであれば、
後半の赤字の部分である /self-study-python-machine-learning/ がパーマリンクになります。


このパーマリンクを初期設定の段階できちんと行っていないとSEOの評価が落ちてしまうので注意が必要です。また、パーマリンクを設定する時には以下の2点が重要になってきます。

注意ポイント

  • 日本語を使用しない(英文字を使用)
  • 長くしすぎない
なるべくSEOの観点から評価される記事を作成するためにも初期段階でしっかりと設定しておきましょう。


まずWordPress(ワードプレス)の管理画面より「設定」→「パーマリンクの設定」に進んで下さい。

WordPress(ワードプレス)の初期設定画面。パーマリンクの設定。

次に「共通設定」のうち「カスタム構造」の空欄に「/%postname%/」と入力して下さい。


WordPress(ワードプレス)の初期設定画面。パーマリンクの設定。


※ 赤枠の空欄に「/%postname%/」と入力します。



設定が完了すると、「パーマリンク構造を更新しました。」と出てきます。


WordPress(ワードプレス)の初期設定画面。パーマリンクの設定完了画面。

ポイント

この様に設定することで、ブログの記事を投稿する際に、アドレスがID番号ではなくて投稿名(自由に設定が可能)にすることが出来ます
すなわちSEO効果も上がります

http→https化の設定

httphttps 化していきましょう。

ブログを始めたい人
https化することで良いことあるの?


http → https化することでサイト自体を暗号化する事が出来ます。そのためサイトのセキュリティの向上にもつながります。


Googleが過去に宣言していた様に、SEO効果もあると言われていますが、https化を行う本来の目的としてはサイトに安全に訪問して貰う事にあります。

注意ポイント

STEP3|ドメインとサーバーのドッキング の箇所で、独自SSL化をしていない方は、https化をしないでください。まずは独自SSL化から始めましょう。そうでないと、サイトが表示されない場合があります。


まず、「管理画面」から「設定」→「一般」をクリックして下さい。

WordPress(ワードプレス)の初期設定画面。「設定」→「一般」の画面


「WordPress アドレス(URL)」と「サイトアドレス(URL)」の2箇所に http https と s を加えて下さい。



WordPress(ワードプレス)の一般設定の画面でhttps化しているところ。

※ 赤枠の空欄を httphttps にします。

ここまで完了したら、WordPressのログイン画面に戻ってみて下さい。サイトのURLが https に変更されているはずです。

httpsのリダイレクト設定

ここでhttpsのリダイレクト設定を行っておきましょう。http → https 化する際に同時に行う事が非常に重要です。

ブログを始めたい人
リダイレクトって何?
Googleの検索エンジンが、同じサイト内でも http〜 で表示されるサイトとhttps〜で表示されるサイトの両方のサイトを認識できる場合に、サイトの評価が分散して落ちてしまう可能性があります。


そのため、サイトの評価分散リスクを回避するためにもhttpのサイトをhttpsにリダイレクト(転送)する様に設定を行う必要があります。

注意ポイント

STEP3|ドメインとサーバーのドッキング の箇所で、独自SSL化をしていない方は、https化をしないでください。まずは独自SSL化から始めましょう。そうでないと、サイトが表示されない場合があります。

早速、「http://」のサイトを「https://」のサイトにリダイレクト(転送)する作業を行いましょう。この作業はエックスサーバーのサーバーパネルで行います。

Xserverのサーバーパネルにアクセス



サーバーパネルの画面でサーバーIDとサーバーパネルパスワードを入力してログインしましょう。


エックスサーバー のサーバーパネルのログイン画面。

ログイン後は、「ホームページ」→「 .htaccess編集」をクリックします。


エックスサーバー のサーバーパネルの画面から「ホームページ」→「 .htaccess編集」へアクセスするところ。

.htaccess編集」画面を開くと、上級者向けの機能との記載がありビビるかもですが、リードしますので心配せず「 .htaccess編集」をクリックしましょう。


.htaccess編集の画面

.htaccess編集」画面では「 .htaccess」の箇所に記載されている文字が意味不明と思いますが、今からこの部分を書き換えます。そのため、必ず書き換える前にコピーして保存しておく様にして下さい。


.htaccess編集の画面
この書き換えるアクションが非常に重要です。何度も言いますが、必ず元の文字列を別の箇所に保存しておきましょう。もし書き換えが誤ってしまったとしても、コピペしていた箇所を貼り付ければ、元に戻ります。


それでは貼り付けるコードですが、以下になります。文字列の一番上に載せる様にコピペして下さい。こちらをそのままコピペしてもokです。

これを、文字列の一番上に記載するとこの様な感じになります。

.htaccess編集後の画面。
これでokです。この時点で改めて、コピペして記載した箇所に一文字一句誤りがないか確認をしましょう。問題がなければ「実行する」をクリックしてください。


お疲れ様でした。http:// → https:// のリダイレクトの作業は完了です。

更新情報サービスの設定

更新情報サービスの設定を行いましょう。僕のサイトのページですが、以下の「設定」→「投稿設定」に進み、一番下にある更新情報サービスに以下の内容をコピペで良いので貼り付けておきましょう。


ワードプレス WordPress 初心者 始め方 

この最も下にある「更新情報サービス」という箇所の下に以下の記載があります。


この下に空欄がありますので、以下の内容を貼り付けておきましょう。

更新情報サービスに添付するべきURL一覧

  • http://rpc.pingomatic.com/
  • http://blog.goo.ne.jp/XMLRPC
  • http://blog.with2.net/ping.php/
  • http://blogsearch.google.co.jp/ping/RPC2
  • http://blogsearch.google.com/ping/RPC2
  • http://hamham.info/blog/xmlrpc/
  • http://ping.bloggers.jp/rpc/
  • http://ping.blogranking.net/
  • http://ping.blo.gs/
  • http://ping.cocolog-nifty.com/xmlrpc
  • http://ping.dendou.jp/
  • http://ping.exblog.jp/xmlrpc
  • http://ping.fc2.com/
  • http://ping.feedburner.com
  • http://ping.freeblogranking.com/xmlrpc/
  • http://ping.rootblog.com/rpc.php
  • http://ping.rss.drecom.jp/
  • http://ping.sitecms.net
  • http://pingoo.jp/ping/
  • http://ranking.kuruten.jp/ping
  • http://rpc.blogrolling.com/pinger/
  • http://rpc.reader.livedoor.com/ping
  • http://rpc.pingomatic.com/
  • http://rpc.weblogs.com/RPC2
  • http://serenebach.net/rep.cgi
  • http://services.newsgator.com/ngws/xmlrpcping.aspx
  • http://taichistereo.net/xmlrpc/
  • http://wpdocs.sourceforge.jp/Update_Services
  • http://www.blogpeople.net/ping/
  • http://www.bloglines.com/ping
  • http://www.blogstyle.jp/
  • http://www.i-learn.jp/ping/
  • http://xping.pubsub.com/ping/

これは単なる流れ作業ですので、サクッと終わらせましょう。また以下のサイトが分かりやすく解説をしてくれていますので、是非参考にしてください。

» WordPressの基本設定3点!タイトル、更新情報サービスとパーマリンク

テーマを決める

つぎにWordPressのテーマ(どの様な家に住むか)を決めましょう。色々なブログを見ていて「これは見やすいブログだな」とか「これは簡素なブログだな」とか「これはミニマリスト向けだな」と感じることも多いかと思います。


ワードプレスにテーマは数多くありますが、ぶっちゃけオススメのテーマは限られていますので、ここでは限定してご紹介します(僕は全て利用したことがありますのでオススメする自信があります)。


以下、オススメのテーマです。

初心者の方は最初はお金をかけずに無料のCocoonを導入してワードプレスに慣れるのも一つでしょう。

メモ

もし気に入ったテーマが見つからない場合には、WordPressテーマの販売サイトであるテーマフォレストで調べてみましょう。但し、英語版のみしかありませんので苦手な方はそれほど無理して見なくてokです。

WordPressに必要なプラグイン。

プラグインとはWordPressの機能をより充実してくれるアプリの様なものです。


例えば、サイトマップ を自動で作成してくれるものであったり、セキュリティを守ってくれるものであったり、画像の容量を圧縮してくれるものがあります。


WordPressに必要なプラグインは必要最低限のものでオッケイです。


何も入れないと機能的に非常に不便になりますが、あまり入れすぎるとテーマとの相性もありバグの原因になってしまうこともあります。


オススメのプラグインについてはWordPress初心者におすすめプラグインは4つのみでok【便利ツールも紹介】を参照にどうぞ。特に他のブログでは紹介されいない様な、エンジニアやプログラマー、機械学習を行う上で便利なプラグインも紹介しています。

Google Analytics へ登録

Googleアナリティクスの画面

Google Analyticsの画面


次に行うこととしてはGoogle Analyticsに登録することです。

 

Google Analytics(グーグルアナリティクス )とは、無料で使えるアクセス解析ツールです。

 

Google Analytics で分かる事はざっくりと以下の様な事があります。

  • サイトへの訪問者数
  • 訪問者がどのページを見ているか
  • 訪問者がどの様にサイトに来たか
    Facebook,twitter,検索エンジンなど…
  • 訪問者はどの国からサイトを見ているのか
  • 訪問者はどの様なデバイスを使用しているのか


サイトを運営していく上で非常に重要なツールですので、WordPressを立ち上げたら、その流れで設定してしまいましょう。

 

設定方法や具体的な使用方法については、以下の記事でまとめていますので参考にどうぞ。

関連記事
Googleアナリティクス  設定 使い方 登録方法 トラッキングコード 取得方法
【初心者向け】Google Analyticsの使い方【アクセス解析ツール】

続きを見る

Google Search Console へ登録

Google Search Console グーグルサーチコンソールの実際の管理画面
上記画面が実際のGoogle Search Consoleの管理画面になります。

 

Google Search Console(グーグルサーチコンソール :略して「サチコ」)とは、記事をGoogleの記事の貯蔵庫にインデックス(格納)したり、無料でアクセス解析が出来るツールです。

 

SEO対策を行う上でも非常に重要なツールなので、Google Analyticsを導入した流れで登録しましょう。

 

ざっくりとですが、Google Search Consoleで出来る事としては以下の事があります。

 

 Google Search Console で出来る事

  • 検索トラフィックの確認
    (ユーザーが何のキーワードで訪れたか把握)
  • サイトのパフォーマンスの確認
    (クリック数・表示回数・CTR・掲載順位等)
  • サイト内でのエラーの確認
  • サイトのセキュリティ(スパム状況)の確認
  • 新しく作成した記事のインデックス登録
  • リライトした記事のインデックス登録
  • サイトのサイトマップをGoogleに送信

 

設定方法や具体的な使用方法については以下の記事で解説していますので、参考にどうぞ。

関連記事
Google Search Console グーグルサーチコンソール 始め方 設定 設定方法 初心者
【初心者向け】Google Search Consoleの設定方法と使い方

続きを見る

 

まとめ|WordPressを使用したブログは直ぐにでも始めれる。

ワードプレス WordPress 初心者 始め方 使い方

如何でしたでしょうか。これを全て読み終えるとWordPressの設定が全て完了したことになります。


僕の場合ですと、ブログ運営や、プログラミング、機械学習についてのブログ記事が多いですが、ブログを作りSNSと連携を取りつつ情報発信している方が徐々に多くなってきている時代と感じています。


また、是非このブログを見てWordPressでブログを開設された方はツイートして頂ければ嬉しいです。


  1. ブログの名前:(例)Tommy Blog
  2. ブログのURL:(例)https://obgynai.com/
  3. ブログの内容やテーマ:(例)機械学習の勉強のアウトプット、ガーデニングや趣味などでもok
  4. ツイートに「@obgyntommy」を入れてメンションして下さい。

ツイートでメンションしてくだされば必ず拝見しますし、分からない事があればアドバイスします。



思い立ったらWordPressのブログ開設は約1時間程度でできます。是非ブログで情報発信やアウトプットをすることをオススメします。各々のやり方で、ブログライフを楽しみましょう。

補足|利用して頂いた方からのご質問

 ブログのヘッダー、アイキャッチ画像は自作ですか?

当ブログのヘッダー、アイキャッチ画像は全て自作にしています。Twitterのアイコンはココナラさんのクリエイターの方に依頼をして作成しています。

2019年のTommy
僕はココナラさんに作成して頂きました。


わりと低額で、かつ高品質なヘッダーやアイキャッチ画像を作成して頂けるクリエイターさんが多いのでオススメです。
» ココナラ【会員登録無料】


-WordPress
-,

Copyright© Tommy blog  , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.