婦人科疾患に関する内容はこちらをご覧ください。

妊娠中の虫歯の胎児への影響について【虫歯のリスクと対策法を解説】

妊娠中 虫歯 放置 治療 胎児 影響 麻酔

今回は妊娠中の虫歯に関する内容です 。

妊娠中に虫歯になった方、妊娠前から虫歯の方で、どの様にすれば良いのか困っている方に向けての記事になります。

妊娠中には歯医者だけでなく、医療機関に行くのは中々ためらわれますよね。
中にはこの様な妊婦さんもいらっしゃいます。

歯が痛くて、おそらく虫歯になっ他のですが、妊娠中に虫歯の治療は出来ますか?
この様な疑問を解決します。
今回のテーマ
  1. 妊娠中に虫歯・歯周病になりやすい原因とは。
  2. 妊娠中に虫歯・歯周病が悪化しやすい原因。
  3. 妊娠中に無料で歯科検診を受ける方法。
  4. 妊娠中の具体的な虫歯治療の方法について-赤ちゃんに与える影響まで解説
妊娠中に虫歯になっても中々病院にいくには抵抗があると思います。
なるべく早期に虫歯や歯周病の解決して頂ければと思います。

では早速みていきましょう。

妊娠中は虫歯の治療をしましょう|妊娠中は虫歯になりやすい!

妊娠中 虫歯 影響

妊娠中の虫歯を放置している時の胎児へのリスク

虫歯になった時の対処法について、解説していきます。

まず皆さんに覚えていただきたいことは、妊娠中でも歯医者に行ける!ってことです。

妊娠中の産婦人科以外の病院への受診は不安にはなりますよね。でも虫歯や歯周病を疑ったら、進んで歯医者で治療を行ってください。

というのも、

妊娠中は妊娠前と比較して虫歯が進行しやすいためです。

また、歯周病のある妊婦さんは、早産や低出生体重児のリスクもある、という報告もあります。

虫歯を放置していると、お腹の赤ちゃんにも影響があるとも言われています。

妊娠中に虫歯が悪くなる原因としては以下のものがあります。

  1. 妊娠中のホルモン環境の変化/妊娠中は歯周病になりやすいホルモンが増えます。
  2. 妊娠中の唾液量の低下/妊娠中に口腔内が酸性に傾くと虫歯が出来やすくななります。
  3. 悪阻で気持ち悪く、歯磨きがしにくい。そのため、歯垢が蓄積しやすくなります。
  4. 食事内容の変化/甘いものや虫歯や歯周病の原因となりやすいものを摂取しがちになる。

もしつわりで歯磨きしにくい場合には、小さい歯ブラシを使って軽く磨き、お水や洗口液を使うのも1つです。 

妊娠したら、一度虫歯チェックを行いに歯医者さんに行きましょう。

妊娠週数が進むにつれて虫歯の進行もより早くなりますし、早期予防が非常に重要です。また妊娠中は歯科検診が優遇されています。

実はみなさんが持っている母子手帳には『歯の状態』を記載する欄があります

妊娠中は自分のことで色々と大変ですし、妊娠後半になってくるにつれてお腹も大きくなってきます。仰向けになるもの辛いんですよね。妊娠がわかったら一度歯科検診するのをオススメします。

自身のお住まいに合った、また妊娠中の歯科健診も行なっている歯医者を探しましょう。
>> 全国の歯医者検索【日本歯科医師会】

それでは妊娠中に虫歯の治療をするときの疑問点について1つ1つ解決していきましょう。

妊娠中は虫歯の治療を【無料で検診を受けられる場合もある】

妊娠中 虫歯 治療

妊娠中は歯科検診が非常に優遇されています。実際に無料で歯科検診を受けれる場合もあります。

ある地域では、市役所で妊娠届を提出した時に母子健康手帳にほかに、歯科検診を受診できるカードが入っています。
そのカードを利用すると無料で1回の検診を受けれる場合があるんです。

市町村によっては、妊婦さんに向けた歯科の相談を受けれる制度もあります。ご自身の市町村でどのような相談が受けれるか、確認してみると良いですね。

場所によっては、妊婦さん専門の歯科検診(マタニティ歯科検診)を行なっている歯科クリニックもあります。一度調べてみてはいかがでしょうか。

妊娠中の虫歯の治療について

妊娠中 虫歯 治療

妊娠中の虫歯治療で使う痛み止めは胎児に影響はないか。

痛み止めは飲めますか??
歯痛に対して妊娠中でも痛み止めは飲むことは出来ます。

妊娠中は比較的安全に飲めるアセトアミノフェン(カロナール®︎、コカール®︎)が推奨されています)

妊娠中の虫歯の治療で、胎児のために注意するべき治療とは。

妊娠初期は赤ちゃんへのお薬の影響も’0’ではありません。治療をしっかりするなら、妊娠5ヶ月〜7ヶ月の間の妊娠中期移行にしましょう。

抜歯やインプラントなどの治療など、外科的な処置は可能であれば妊娠中期が良いでしょう。

もちろん虫歯が痛くて緊急度が高い場合には妊娠初期でも仕方ありません。応急処置をしてもらえる場合もありますから、かならず相談しに行ってくださいね。

妊娠中の虫歯の治療の際にレントゲンは撮っても赤ちゃんへの影響はないのか。

歯医者行った時にレントゲンを取ると赤ちゃんには影響はないんですか?
歯科医を受診した際のレントゲンは非常に気になるところだと思いますが、放射線から赤ちゃんを守るための防護エプロンをつけるから大丈夫です。

虫歯治療の際にかならずレントゲンを撮らないといけない訳ではありません。
それに、もしレントゲンを撮ったとしても、撮影する箇所は首から上の部分だけです。

お腹に放射線を守るための防護エプロンを装着するので、赤ちゃんへの影響は心配はいりませんよ。
MEMO
赤ちゃんへの放射線の影響 
放射線被曝量のことを専門用語で『Gy(グレイ)』と言います。
お腹のCTを撮影するためには ‘8.0mGy’
陣痛促進剤を使用するために必要な『骨盤レントゲン』では ‘1.1mGy’
頭部のレントゲンでは ‘0.01mGy以下‘ なんです。
お腹や骨盤のレントゲンの被曝量に比べて1/10以下ですし、ほぼ被曝はありません。赤ちゃんに影響するレベルではありませんから、大丈夫です。

妊娠中の虫歯の治療|麻酔は赤ちゃんへ影響ないのか。

麻酔は赤ちゃんには影響はありませんか?
麻酔は帝王切開や無痛分娩で使う薬剤と一緒ですので、赤ちゃんには影響はありません。

虫歯治療に限らず、無痛分娩や、帝王切開、そのほか妊娠中に行う手術『頸管縫縮術』など、妊娠中に手術を行う場合でも麻酔を使います。

その際でも麻酔は赤ちゃんには影響ないので、心配する必要はありません。

妊娠中の虫歯の治療の際に抗生剤などのお薬はなんでも飲んでも問題はないか。

抗菌薬はなんでも使って良い、という訳ではありません。具体的には、
アミノグリコシド系、テトラサイクリン系
という種類は赤ちゃんに奇形のリスクが報告されているので、これらは禁忌です。そのため、受診の際にはきちんと妊娠していることを伝えてください。

また、おそらく虫歯の治療を行う際に処方されるのはペニシリン系やセファロスポリン系という抗菌薬を使うことが多いのですが、アレルギーになる方もたまにあるので注意してください。

妊娠中の虫歯の治療の際に仰向けになるのが辛い妊娠後期の方へ。

妊娠後期に歯科治療を受けるときには仰臥位低血圧症候群に気をつけましょう。

長時間、仰向けになるのが辛いときには、すぐに歯科の先生に言って、治療は中断してもらい、休ませてもらいましょう。

仰臥位低血圧症候群とは
臥位低血圧症候群とは、妊娠後期になって赤ちゃんが大きくなると、ママの静脈(下大静脈)を圧迫して低血圧になることがあります。仰向けになって気持ち悪いときには、体位を変えたり、工夫しましょう。

まとめ:妊娠中は虫歯になりやすく、速やかに病院を受診しましょう。

妊娠中 虫歯 治療

妊娠中はなるべく早めの時期に歯科検診を受けるようにしましょう。
もし妊娠中に虫歯になったとしても、放置しておくと悪化しやすいので注意が必要です。

実際には虫場の治療は妊娠5〜9ヶ月頃の妊娠中期(安定期)に入ってから行うことが多いです。

妊娠がわかった時点や、虫歯かな?と思った時にはすぐに検診を受けて、必要であれば安定期に治療することになる流れになるでしょう。

妊娠中でも大体の検査や治療はできるということを理解して頂けましたでしょうか。
なるべく早期に受診して解決する様にしましょう。