婦人科疾患に関する内容はこちらをご覧ください。

妊娠初期の出血があり流産を心配されている方へ【産婦人科医の視点から】

妊娠初期、出血、腹痛

こんにちわ。

出血をしたのですが、赤ちゃんが心配です。

妊娠初期の妊婦さん

この様な質問を良くいただきます。妊娠初期の出血で流産を心配されている方に向けての記事になります。


妊娠初期の出血は、約2〜4割の妊婦さんが経験しているとの報告もあります。
一概に出血とはいっても、ナプキンに少し血が混じった程度から、サラサラとした血が続く程度まで様々です。


結論から言うと、少し程度の出血なら慌てずにあまり心配する事はありません。
真っ赤な血がサラサラ続く時は、流産の可能性もあるのでかかりつけの病院に電話してください。


とはいえ、大事な赤ちゃんがお腹の中にいるのがわかっていて出血した時、心配になるのは当然です。


今回の記事では、妊娠初期に出血が見られた時、
  • お腹の中で何が起こっているのか。
  • 切迫早産の病態について聞きたい。
  • 切迫早産に対する治療方法はあるのか。
  • 妊娠中に出血が見られた時の対処法を知りたい。
この様な疑問に対して解説していきまます。

では早速、見ていきましょう。

妊娠初期の出血があり流産を心配されている方へ【切迫流産とは】

妊娠初期 腹痛 出血 性器出血 流産

妊娠反応が陽性ということで病院にいくと、まず『経腟超音波検査をされます。赤ちゃんが育つ丸い袋(胎嚢)と赤ちゃん(胎芽)が見えると、『正常妊娠』なわけです。


正常な妊娠が確認されてから、出血があったり、お腹が痛くなった時のことを総じて『切迫流産』といいます。

なぜ妊娠初期に出血するの?

皆さんは『胎盤』をご存知ですよね。
妊娠初期 出血 流産
『胎盤』はお母さんと赤ちゃんを繋いでいる臓器で、赤ちゃんは『胎盤』を通してお母さんから栄養をもらってます。


この『胎盤』は妊娠初期では『絨毛』と言います。(『絨毛』が成長して『胎盤』になるイメージ)


この『絨毛』ができる過程で、お母さんの子宮の壁に絨毛が入り込んでいき、胎盤が形成されていきます。その際に出血がみられる事があるんですね。
妊娠初期の出血の原因の一つとして、このように言われています。


しかし、妊娠初期の出血があるからと言って必ずしも『流産』になる訳ではありません。


実際に妊娠初期に出血がみられた妊婦さんと、みられなかった妊婦さんを比較して、流産率が変わらない、という報告もあります。

さらにその出血が増えて溜まった状態を『絨毛膜下血腫』といいます。


妊娠初期に出血がみられた方に経腟超音波検査を行った時に、
赤ちゃんが住んでいる袋『胎嚢』の周りに「黒っぽい部分」が見えることがあります。


この『黒く見える部分』『血腫』と言って、この状態のことを『絨毛膜下血腫』といいます。つまり、『絨毛』の周りに『血まめ(血腫)』がある状態なんですね。


『絨毛膜下血腫』の頻度は4〜40%とも言われています。


そう言われると『絨毛膜下血腫の時は流産しないか心配』になりますよね。
中には担当の先生から『絨毛膜下血腫』と言われた方もいらっしゃるかもしれません。

  • 『絨毛膜下血腫がみられたグループでは流産率が18.7%』
  • 『絨毛膜下血腫がみられなかったグループでは流産率が9.6%』
その他には
  • 『絨毛膜下血腫がみられたグループでは流産率が18.7%』である。
  • 『絨毛膜下血腫がみられなかったグループでは流産率が9.6%』

という報告がありました。


確かにこれは、『絨毛膜下血腫』の時には少し流産率が上がるかもしれない、という事を意味しています。

妊娠初期の出血があり流産が心配です、という方へ。

妊娠初期の出血のお話をしていてこれだけ『流産』という言葉が出てきたら、心配ですね。


実際、『妊娠初期に流産する確率は、全ての妊娠のうち約15%』。
結構多いです。


とはいえ妊娠初期(妊娠12週未満)の流産の原因は、というと
50%-60%が「赤ちゃんの染色体異常」なんです。


この意味は、流産を経験されたママには辛いように聞こえるかもしれませんが、
現代の医療では妊娠初期の流産はどうすることも出来ないという事を意味しています。


仮に妊娠初期に流産しても
「お母さんは悪いのではなく、仕方のないこと。」なんです。


妊娠初期に流産したとしても、
「妊娠に気づかずに飲んだ薬が悪かったのかなー」とか
「飲みに行ったり、遊んだりしたのが悪かったのかなー』とか
決して自分の行動を振り返る必要はありません。


これは仕方のないことなので、自分を責める必要はないんです。

妊娠初期の出血の原因である切迫流産の治療法はあるのか

妊娠初期 腹痛 出血 性器出血 流産

赤ちゃんの心拍が確認できた後に『切迫流産』と診断されると、使用できる薬物はいくつかありますが、

  • 流産を予防する確実な薬剤はなく
  • 「安静」にしても確実に予防できると言えない
というのが実際のところです。

ただし、「絨毛膜下血腫」の場合には治療方法として「安静」が効果があるかもしれない、とも言われています。

  • 「絨毛膜下血腫でベッドで安静にしていた方の流産率は 6.5%」一方で、
  • 「絨毛膜下血腫で安静にしていなかった方の流産率は 23.3%」という論文があり、これは、
  • 「絨毛膜下血腫がある時の切迫流産には、ベッドで安静にしている事が流産の予防に繋がるかもしれない」とうことを意味しています。

妊娠初期に出血がみられた時の対応方法

妊娠初期 腹痛 出血 性器出血 流産

以上の様に
「切迫流産 」は症状の軽いものから、「絨毛膜下血腫」に至るものまで、
またその先に流産になる事もあります。


しかし

現代の医療技術では、妊娠初期(妊娠12週未満)の『切迫流産』の有効な治療法は見つかっていません。
では実際に夜間や休日、出血下時にはどの様にしたら良いのでしょうか。現に今もこの様な状況で困っている方もいるかもしれません。


対応としては
  • 生理の時の出血よりも多い。(目安としては生理2日目以上の出血)
  • 生理の時の腹痛よりも痛いか、我慢するのも辛い腹痛がある。

これらの場合には、緊急の場合もあるので夜間・休日でも病院へ連絡し受診してください。


出血もナプキンに付着程度の少量で、腹痛もほぼない場合には
翌日またはあらかじめ予約していた受診日に受診し、それまでは安静にする、という対応で良いでしょう。


それでも心配であったり、症状がよくならない時には、我慢せず病院に電話してください。


妊娠初期の出血で悩んでいる妊婦さんの力になれば幸いです。
皆さんがより良い妊娠生活を過ごせる様にと思っています。


※ 今までお話していた内容はあくまで『正常妊娠』の場合です。子宮の中に『赤ちゃんが確認できていない』様な場合には『異所性妊娠(子宮外妊娠)』等、その他の病気の可能性もあるので、注意してください。